セダンタイプの中古車をできるだけ高く売るには?

セダンタイプとは


セダンタイプは最も車らしい車といっていいでしょうね。


セダンタイプは基本的には4ドアで3ボックスになっています。


3ボックスというのは、エンジンルーム、車室、トランクルームと車の区画が3つのボックスに分かれていることをいいます。


居住性に重点が置かれ、普通4〜5人が乗車することを前提にした車です。


通常の4ドアに加えてハッチバックを持つ5ドアのものや、2ドアではあるがクーペに分類されないものもセダンと呼ばれることがあります。


高度経済成長期には圧倒的な主流のタイプでしたが、近年ではミニバン、SUVなど車のニーズが多様化して、一頃のような人気はなくなっています。


セダンタイプは評価が安定している


一頃の人気は衰えたとはいえ、乗用車の典型的なタイプのセダンは、流行に左右されない安定した車として根強い需要があります。


使い勝手の良さと高級感から年配の人に親しまれている車というイメージがあり、安定した人気を持つことから査定上の評価も安定しているようです。


流行り廃れのある車に比べて中古車市場でも流通価格は変動しにくい車種だと言われています。


セダンタイプは流行に関係なく一定のスタイルを持つ車種であるだけに、年式や人気度が査定上でのポイントになるようです。


まあ、特徴の少ないタイプですから、ほかの要素で差別化しようとしてもむずかしいということなのでしょうね。


なるべく多くの業者から査定してもらうのがポイント


安定した需要をもつセダンタイプは、買取専門店のほとんどが査定・買取に応じる車種でもあります。


どこでも買い取ってくれるセダンだからこそ、できるだけ多くの買取店に査定してもらい競争させることがポイントですね。


できるだけ多くといっても、一度に10社も15社も相手にするのは大変ですので、一括査定の概算査定(メールで回答をお願いすればよい。)で絞り込めばいいでしょう。


絞り込んだ買取店に訪問査定をしてもらい、一番高いところに売却するという流れですね。


概算額が希望金額とかけ離れていたり、あるいは「実車を見てみないと金額が出せない」などというような業者は、その時点で断り候補から外すことになるでしょう。


<中古車査定の豆知識>
査定を受ける前に磨耗したタイヤを取り替えた方がいいと思いますか?
減ったタイヤは査定の時取り替えるのか


セダン買取の専門店もある


セダンの中でもVIPセダン等こだわりの愛車を売却しようとしても、一括査定ではなかなか納得の査定額が出てこないこともあるかもしれません。


その場合はセダン買取の専門店に査定してもらうのもいいでしょう。


セダンタイプの査定・買取りを得意にし、力を入れている専門店がネットでもすぐに見つかりますよ。


また、「ノーマル車からドレスアップカーまでOK。特にドレスアップカーはプラス査定いたします。」という専門店もあります。


このような専門店は、電話査定も受け付けていますし、多少距離が遠くても出張査定をしてくれる場合が多いようです。


一括査定が不調なら是非お試しください。


=軽の保険のお話=
人気の軽自動車ですが任意保険では高い保険料を払っているケースが多いようです。
任意保険が安いのかどうかはどう条件で各社を比べないと見当が付きません。

Copyright © 中古車の査定|最高額を無料査定であぶりだす All Rights Reserved.