商用車の査定・売却のポイントはズバリ「海外向け」

日本国内の商用車のイメージ


商用車と言えば、所詮会社の車だからと粗末に扱われ、車内もろくに掃除もされていない、まあいってみれば酷い状態の車を想像するのが普通です。


ですから日本では、どんなに金がなくても商用車の中古を買おうとする人はまずいないでしょう。


多少古くても多走行でも、個人用に使われた車の方が丁寧に扱われているので商用車よりはましだからです。


ところがですよ、海外ではこんな日本の中古商用車を欲しがる人が非常に多いというのです。


実際、東南アジアでは中古トラックが乗り合いバスに改装されたり、フィリピンでは中古軽トラックが改装されて乗り合いバスになったりしているそうですよ。


そもそも海外では、中古車に対する見方、捉え方が私たち日本人とは全く違うのかもしれません。


車には「新車」と「中古車」という分け方はなく、どちらも「車」であり「高い車」と「安い車」の違いだけがあるのかも知れませんね。


日本の中古商用車を欲しがる海外の市場


日本の中古商用車は海外で大人気です。


海外では日本車は高品質だというイメージを持つ人が多く、実用的なワンボックスタイプをはじめ、日本の中古商用車は海外で結構な値段で取引され人気を呼んでいるということです。


使い回しされた商用車、古くなりポンコツとしか見えない商用車でも、見た目や恰好などは二の次な海外ではポンコツどころか「お宝」になってしまいます。


日本人の目からみれば「こんなポンコツに値段が付くはずが無い」としか思えない使い古しの商用車でも、ともかく査定に出してみることをおすすめします。


<中古車査定の豆知識>
査定を受ける時ポータブルナビを外せば減額されうのか?
車査定の時のポータブルナビの評価


商用車の海外人気を知らないと損をしてしまう


商用車の査定・売却のポイントは「海外向け」です。


買い替えだからといって間違っても新車ディーラーの下取りに出すのは止めましょう。


販売ルートが限られるディーラーでは、年数と走行距離だけでほとんどの場合中古商用車は「査定ゼロ」になることでしょう。


海外での人気を知っていても、「廃車費用はこちらで持ちます」と恩を着せながら裏で海外に強い買取店に転売しているのかもしれません。


ポイントは海外向けの販売ルートをもつ買取専門店に査定・売却することです。


一括査定なら商用車など様々な得意分野を持つ買取専門店が多数参加していますので、買取店を探す手間が省けますし、複数社の競争も期待できます。


仕事で使い倒して傷んだ商用車、走行メーターが二回り、三回りした商用車、そのような車こそ一括査定や商用車専門店で査定を試してみた方がいいでしょう。



※車の話アラカルト
軽自動車の任意保険見積もりは無料の一括見積りを利用しましょう。
一回の入力で何社もの見積もりが取れ一挙に比較することができます。

Copyright © 中古車の査定|最高額を無料査定であぶりだす All Rights Reserved.